川崎市登戸で起きた事件がとても他人事だと思えなかった

川崎市の登戸は僕が小学4年生から小学校卒業までを過ごした小田急線の向ヶ丘遊園駅から隣の駅にある駅だ。子供のころはよく遊園駅前の中和ビルの一階にあった江崎書店という本屋さんで漫画を買った覚えがあったし、奥に進むと小さなゲームセンター、おもちゃ屋さんがあってその前にミニ四駆を走らせる小さなプラスチック製のコースが用意されていて僕はそこでよくミニ四駆を走らせて遊んだことがある。

 

昔から多摩区はそんなに犯罪はなく子供が歩くことも気を付ける必要がないくらい平和なところだと当時住んでいたときは感じていた。小学校のときから人の家のものや人のものを盗む人もいたけど暴力沙汰まではなかったと思ってて比較的平和だったと思う。

 

登戸も今でも施設はあるけれどYMCAの施設が近くにあって登戸に集合して七沢森林公園というところに知らない他の子たちと一緒に一日一緒に過ごしたり一泊三浦海岸あたりに泊ったりといろいろな活動をしていた思い出があって、利用することも多かった。

 

そして馴染みの深い場所であった登戸で事件が起きたと聞いたときには正直他人事だと思えなかった。今まで比較的に平和だと思っていたところで事件が起きたということ自体が信じられなかった。

 

過去にいろいろな場所で似たような事件が起きているけれど人が多い場所だから、都内だから起きるんだとどこか他人事のように見ていたところがあったと思う。

 

今回の事件をきっかけに日本にはもう安心安全に暮らせるところはないのだと思った。それは犯人が今住んでいる麻生区内に住んでいたということ、さらに比較的住んでいるところから近かったことが衝撃だった。麻生区というと裕福な人が住んでいたりと犯罪とは無縁だと思っていたけれど、犯人は閑静な住宅街に住んでいたということにもビックリした。

 

それから僕は人と遭遇すると警戒しながら歩くように心がけている。どんな人間がいるかわからない。自分には関係のないことなどと思ってはいけないと思ったからだ。

 

犯人が自殺したことから動機や背景を知ることは困難ではあるけれど似たようなケースの事件から傾向を探ることはできるかもしれない。

 

こういう事件を起こす人の心の中には社会に対する孤立と怒りがあるのかもしれない。そのような状態に陥る前に社会が手前で止められるようにもっと福祉を充実させたり人との関りがなくならないようにサポートしていく必要があると思う。こういった人たちを増やさないためにも国が取り組んでいってほしい。

 

僕自身は社会と完全に孤立はしていないけれど人と関わるのが難しかったりと孤立ではないけれど孤立に近い状態ではあるので自分自身が精神的に追い詰められたとき加害者になる可能性だってあるかもしれない。そういう観点からもとても他人事だと思えなかった。

 

亡くなられた方に対してはご冥福をお祈りいたします。

 

追記

社会で孤立している感を少し感じているけれどそこまで悩んでいないのは働いていることと職場で認められたしているところもあると思う。また楽しみにしているアニメ、eケメングランプリで投票数1位になったある人気ゲーム実況者の配信が楽しみなど人生の楽しみと人に認められたということが何とか僕の精神を維持してくれているのかもしれない。将来への不安や人とのかかわりは少ないけれど楽しみや人に認められることで精神的には良いことなんだなあと改めて感じられた。

ゲーム開発まだやってます。

諦めたかな?って思っている方もいるかもしれませんけど、僕はまだゲーム開発をあきらめたわけじゃありません。まだ一応やってます。

メインのツイッターアカウントで活動しなくなってからは違うアカウントのツイッターアカウントで進捗をたまにアップしているのですが、あんまり開発者とつながりたくはなかったからですねえ。

自分のできなさっぷりを見られたくないですもんw

 

最近作ろうとしてるゲームは4方向に向き動くことができるゲームでキャラクターが移動し武器を装備して敵を倒したり、ギミックを解いたりするゲームですね。

 

最近やったことはキャラクターの移動のときにその方向をちゃんと向くようにする。そして停止時に進行方向に向いたままにすること。以前はこれが停止時にある方向に向いてしまうということがあったのですが、それを改善しました。

 

f:id:abebetaro:20190312082340g:plain

f:id:abebetaro:20190312082459g:plain

最近はちょっとモチベが戻ってきている感じだ。

ダメ人間のよい例として名指しされてしまったのでブログを書きました

www.chutohanpamansion.net

もうほぼ僕の気持ち、感情を表に表して書いてくださってます。

最近思うのは継続できないってことは本当は好きじゃないと認める必要があるように思えてきます。

 

昔は大学生のとき僕は人とコミュニケーションをとるのが苦手で文章だったら書けるし大学のそこまで仲の良くないクラスメイトに教えたところ結構クラスメイトとかには読まれたりしたのでそのモチベーションがあって毎日書き続けられたということがありました。

 

とくに他愛もないクソみたいな内容の何にも装飾もしてない今のこの記事みたいな記事なので気軽に書いて書き捨てる感じで書いていた感じがします。昔で言うチラシの裏みたいな感じですかね。

 

大学時代にブログを書き続けられたのってその当時の流行りだったのもあるかもしれないけど今みたいにツイッターもなかったし大体気持ちや思いを吐き捨てる場所って掲示板かブログしかなかったからそこに依存してたんじゃないかな。

 

あと利益を得るとかそういう気持ちがなかったのも大きいと思います。

 

ひろゆきさんとかが言ってるけどそんなに努力していると感じずにやれることを見つけたほうがたぶんいいかもしれないですね。 まあ、考え方は人それぞれなんで僕が何か言えることってこれくらいじゃないですかね。

 

あと僕はブログは何もしなくなっちゃったんですけどゲーム作りは苦行だけどブログ書くよりかは苦行じゃなくて動きもあって面白いので続けたい気持ちでやってます。

 

f:id:abebetaro:20181218042929g:plain


まあ、あまり力を入れすぎずにダラダラやっていきましょう。

僕のお金に対する価値観

こんにちは。

禁酒24日目になりました。

お酒を飲まなくなってから毎日1000円以上はお金使わなくなったので今は金銭的には非常にやさしい生活になってます。 お酒を飲んでいた時は一日の平均で1800円くらいは使っていたのでその分働いて稼がなければならなかったんですけど今は働いていないのでそんなに使えない分禁酒しててよかったと感じています。

 

今回は禁酒24日でわかったお金に対する考え方について書こうかなと思っています。

 

10万円あったら生活できる

お酒を飲んでいた時はお酒代だけで毎月平均3万円も消費していたんですけど、禁酒してからは3万円の消費も減って大体生活費7万円と家賃3万円で10万円安定して稼ぐことができたら生活できるなあって思いました。

 

まあ、僕のように頭がそんなに良くなくてもこれくらいのことは普通わかるだろって思うんですけど僕の場合はだいぶいい歳になって気が付くことが多いです笑

 

お酒飲んでてもそんなに散財するタイプじゃないので少ない収入でもなんとか生活はできそうだなあって思っていて僕はどちらかというと収入はたくさんあったらあったほうがいいけど別に生活できる程度あれば十分だったりします。

 

少ない収入で楽しく過ごしたい

僕は2ちゃんねる創設者のひろゆきさんの大ファンでひろゆきさんがときどきやっているYoutubeLiveでの生放送やニコニコ生放送で放送されていたベーシックインカムを実現するためにはどうしたらいいか会議という番組を見たり、著書を読んだりしています。

ひろゆきさんはお金持ちでありながら普段はいかにお金を使わず人生を楽しめるかということを考えて行動しているみたいで外食なんかは人におごってもらったりと自ら消費することはあまりないそうです。

 

www.youtube.com

 

Youtubeでのライブ放送でも著書でも言っていたんですけど、生活のレベルを上げることでそのためにいっしょうけんめい働かなきゃならないことはあまりよくないんじゃなないかと。生活費を稼ぐために夜遅くまで働かなきゃいけない生活は多大なストレスがかかると同時にそのストレスを解消するためにまた多大なお金がかかってしまう。そういう意味では生活スタイルとしてはあまりよくないなあと僕も感じました。

 

今は人生を楽しむために無料や定額で楽しめるコンテンツもたくさんありますし、物を買ったり体験を楽しむためにお金を払ったりすることよりも工夫して楽しむ方法を見つけるほうが人生充実するんじゃないかとひろゆきさんは言っています。

 

僕自身もほぼひろゆきさんと同じような考え方であまり必要なもの以外は買わないようにするタイプなので今後もそういう生活をしていきたいと思ってますね。でもあまりものを買わなさすぎるのもよくないので買ってまでほしいものはちゃんとお金を払って買うようにはしてるし、今後もそうしたいと思います。

 

家賃に縛られたくない

日本の家賃はとにかく高いと僕個人は思っているんですけどどうでしょう。同じマンションでも低い収入でも高収入でも同じ額を支払わなければならないという意味では高収入のほうが安い家賃のマンションでも住むことに対する余裕が全然ちがいますよね。

 

本当は自分自身のパトム(PATM)という体質がなく仕事さえあれば地方で家賃が安くて広い部屋に住んでのんびり生きていきたいんですけど、そうできない以上人と関われなくても安い家賃でのんびり生活できないかを今後は模索していきたいと考えていてたぶんまだそれをやっている人は有名な人であまり見たことがないので実現できたらなと思っています。

 

僕が目指したいのは特別な才能や技術がなくてもそんな生活ができることで、僕が生き方の参考にしているPhaさんは執筆する才能、すごい能力を持った仲間を引き付ける才能がありますから普通の人に見えて普通じゃないのであまり参考にはならないんですけどね。

Phaさんは一見知らない人から見ればダメな人のように見えるんですけど文章力もすごいですし、魅力的な方だと僕は思ってます。

 

人と関われないダメな僕がそういう生活を実現するためにはどうしたらいいかをこの無職期間、のんびりしている間に考えていきたいと思います。

 

長々と今日も書きましたけど人生においてお金はあったほうがいいけど無くても困らないくらいの生活スタイルを今後は作っていけたらいいなあ。

開き直り療法

こんにちは。

 

僕がブログを休んでいる間にはてなブックマークでもホットエントリーにあがっていた話題で気になっていたけどブログに書かなかったことがありました。 書かなかったけれどはてなブックマークでコメント付きでブックマークはしておいたので結構覚えています。

 

anond.hatelabo.jp

 

僕も大学生のときに直接ではないけれど普通に授業を受けていたら後ろに座っていた人3人がなんか臭うよねみたいなことを話していたのを覚えています。 そのときから体臭に関しては気になるようになってしまって人と関わるのが難しくなってしまったけれど同じ大学の友達と飲みに行ったり僕が幹事をやったりしたりと割とそれでも積極的に人と関わっていたと思います。

 

話はずれてしまったんですけどこのエントリの投稿者さんの気持ちはかなりわかります。このエントリの人ににおいがあったのか無かったのかわかりませんが、僕の場合はまだ当時は付き合ってくれたり話してくれる仲間もいたので前向きに生きれたんですけどこのエントリの人は味方も誰もいない中で苦しい思いをされたんだろうと思います。

 

同じような境遇だったらと思ったら僕も増田に書いていたかもしれないなあってこのエントリを見ながら思っていました。また最近だと香害という言葉が話題になったのを覚えていて香水とか柔軟剤のにおいで気分が悪くなるという人がいることを知ってビックリしたのを覚えていて身体が臭いということも公害みたいに言われてしまうと本当にどうしようもないだろうなとそのときは思いました。

 

身体のにおいは普通の人は清潔にしていれば普通はにおわないというのが世間一般的な常識かもしれないですが、身体のにおいのコミュニティにも一応所属しているのでわかるんですがいくら洗ってもすぐににおってくるので本人の努力や注意では改善できないというケースもあるということを知ってほしいなと思っています。

 

まあ、つまりは人間の身体はまだまだ未知の部分が多くて同じように過ごして同じものを食べても何で人には体臭が出やすい人と出にくい人がいるかは本当のところ分かってないんじゃないかと思います。体臭の分野はデリケートだしあんまり研究もされていないのかなって思っています。

またお医者様もいまわかっている事実からでしか対応できないということもあるので根本的な解決は難しいということなんだと思います。

 

僕は海外に留学経験があるのですが、海外は割と体臭がある人が多いと思ってますね。でも別にそれで臭いと思ったことはなくてむしろ心地よいと思ったことがあるので僕が特別なのかわかりませんがワキガ?のニオイは臭いと思ったことはあんまりないです。

 

このエントリに対する明確な解決法はないけれど日本人が割とニオイに敏感すぎるということ。なのでもう少し寛容になれたらいいのにと思っています。それからどんなに清潔にしてもどうしてもニオイが出てしまうというケースもあるということの理解が必要かなと僕は思います。

本当は身体のニオイに関する研究が進んでほしいと願っているんですがなかなか難しいかもしれませんね。

 

ニオイがあるかわからないですけど僕の場合は周りの人を涙目にしてしまったりくしゃみ、咳などのアレルギーのような症状を引き起こしてしまう体質パトム(PATM)に悩んでいます。

 

abebetaro.hatenablog.jp

 

abebetaro.hatenablog.jp

 

最近では研究してくれる教授も出てきてくださったんですけどこの先解決にどれくらいかかるかわからないですし、それまでつらい思いをしながら生きていかなければならないのは変わりないですね。

 

なのでこの体質で悩まされながら考えたんですけど、もう僕個人の力ではどうしようもできないのでそこは開き直り戦法で行こうと。咳やくしゃみをさせているのは僕じゃなくてお医者様も研究者様も解決できてないパトム(PATM)なんだから仕方ないではないか!悪いのは全部パトムだ!と。

 

全部自分のせいにしてしまうとつらい・・・しか残らないのである程度自分にかかっている責任を分散させてあげたらきっと気持ちも楽になるんじゃないかと思ってやってます。

やってますけど、この先のことを考えるとどうしても悲観してしまうしつらい。でもそういう考え方をしなかったときよりかはちょっとは楽くらいにはなっているので僕個人はそういう風に考えるようになりましたね。

 

だから僕の隣に住む人が咳き込みまくっても僕が悪いんじゃない!全部パトムが悪いんだ!って言い聞かせて生きてます笑

 

冒頭で紹介したエントリの人も全部自分に責任を感じずに生きられたら楽だろうと思って僕の事例を書いてみました。

本は読むけど書評が書けない理由

こんにちは。

僕は普段本を読むんですけど小説は全く読まなくてどっちかというと自己啓発系とか生き方系の本を読むことが多いです。 

 

でも本を読んでいる間はその瞬間は内容を理解できているんですけど、3ページくらいめくったら3ページ前のことは忘れてしまっていてどんなこと書いてあったっけってチラ見してああ、そうだったなって思ったりと割と記憶力ないです笑

 

最後まで読んでもどんなこと書いてあったか一つや二つくらいしか思い出せないので割と本当にどうしようもないなって思ってますね。 だからブログなんかで書評が書ける人はすごいって思っているんですけど、書評を書ける人は頭の中で読んだ内容を整理しているのかメモを取ったりもしているんでしょうかね。

 

だとしたら相当マメで結構大変な作業だと思います。

 

何のために義務教育で中学まで学ばせるかって学習の型を身に付けさせるってことなんだってPhaさんの本「知の整理術」の中で書かれていたような記憶があって先生が教えてくれることをノートでメモを取る。大事なところをまとめるといった作業、型を身に付け卒業後も何かを学ぶためにその型を活かすことに意味があるとういうことなんだろう。

 

僕は学校に行っても受け身な姿勢でしか学習してこなかったこともあって学ぶということについては型ができてないと思う。 まず記憶力がないので何かを読んで内容をノートにまとめるということができないという意味では書評は僕には向いていない。

 

普通に書評を書ける人は読みながらメモを取っているのか。わからないけどそのあたりできる人と脳の構造が違うんだろうなあ。

 

子供のとき読書感想文とか書いた記憶があるけどあの当時は読み終わってから書いた記憶があって内容も小説だったので何となくのストーリーは記憶出来ていたからそれなりに感想がかけたんだと思う。

 

僕が今読んでるのはストーリーじゃないから雰囲気で記憶するってのが難しいのかな。

 

最近何冊か本を読んだので機会があったら紹介しようと思っています。

禁酒

こんにちは。

お久しぶりです。

 

僕はずっとお酒を毎日のように飲むのが当たり前だったんですけど、先月末からお酒を飲むのを控えて今日で21日、3週間が経ちました。

 

お酒を飲むのが当たり前で最近は体調を崩しやすかったので体調を崩したのを機にやめてみようと思って始めてみたところ結構長続きしているといった感じです。

 

やめた当初は体調が悪かったこともあって飲みたい欲がほとんどなくて日々体調がよくなっていくことに喜びを感じられたし、お酒なしで寝られるようになっていくことに更に喜びを感じられるようになりました。

 

飲まないことのメリットも結構あることに気が付きました。

 

僕はお酒を飲んでいる時間は人によっては無駄ではないという考えを持っている人もいると思うんですけど僕にとっては無駄な時間を過ごしてしまっているなと感じていました。

 

そう思っているにも関わらずずっとここ5年くらいは飲み続けてしまっていてやめられていなかったんですけどね笑

まあ、それはさておきここ数日お酒をやめてみて飲まないことのメリットをまとめてみました。

 

飲まないことのメリット

  • 疲れにくい
  • 怠くなりにくい
  • 気分が落ち込みがちにならない
  • 腹痛や背中の痛みがない
  • 飲んでいる時間が別のことに使える
  • お金が減りにくい

自分で数日間やめてみて感じたメリットを思いつく限り書いてみたんですけどこれぐらいですかね。意外と少ない・・・。

 

結構ずっと疲れやすかったり起きると怠かったりすることがほぼ毎日あったんですけど休んでみるとあんまりそういう日がなくなったし、こんなに身体が軽く感じたことはここ数年なかったのでいかに身体に悪い生活をしていたかを実感させられましたね。

 

あとお酒を飲むと結構うつっぽくなるんですよ。人生に悲観してしまったり前向きになれなかったりしますし。ここ21日の前に10日ほど休んでて再び飲んでしまったんですけどそのときの気分は最悪でした。

 

お酒を飲んでいるとおなかを下しやすいです。少なくとも状態のいいものではないと言ったほうが正しいでしょう。 でも休んでみると見る見る状態はよくなるじゃないですか。人間の身体の回復力はすごいものです。 これからは大事に使っていきたいですね。

 

そして一番のメリットは飲んでいる時間が別の時間に使えるようになったことですかね。これは一番大きい気がします。まあ、健康が一番で状態が良くなったから言えるので二番目かもしれませんけど、健康がよくないとほかのこともできませんからね。

 

以前ゲーム開発をやっていると言ってましたけどまだ全然諦めてなくて今は壮大なゲームじゃなくて小さくてもいいから何か形にすることを大事にしようと思って小さなゲームをたくさん作ろうと思って活動再開しました。そういう時間に使えるようになったということもあって結構メリットでかいです。

 

出費が減ったのもメリットで以前は酒だけで月で3万円かかっていました。年間で36万円!結構大きいですね!パソコン2台買えちゃいますよ!お酒をやめるだけでそれだけの額を節約、貯金できるなら本当にメリットしかないですよね。 仕事をしていないのでお金が無くなりかかってますが出費が少なくなったので気持ちも楽になっています。

 

あと僕の悩み事の一つであるパトム(PATM)の他人の反応が減るかな?と思ったんですけどやめてみても反応はあんまり変わらずでした。でも飲んでいたときにしていたトルエンのようなガソリンっぽい臭いや刺激臭は弱くなったように思います。

 

abebetaro.hatenablog.jp

 

abebetaro.hatenablog.jp

 

デメリット

唯一デメリットをあげると最近は飲まないことに対してストレスがあるようで寝ている間に歯ぎしりや食いしばりがあるのか顎や顎関節が少し痛みを感じられるようになりました。 日中や夜になってすごく飲みたいという欲求はそれほどないですけどできれば飲みたいという気持ちもないわけではないといったような心境です。

 

ブログもだいぶさぼっていたんでその分たくさん書いちゃいましたけど僕は生きています。

 

あと前やっていた仕事を辞めました。ケガをしてしまったり長時間労働だったりといろいろ理不尽なことが続いた結果もうやめたほうがいいんじゃないかという結論になりました。

 

今は再就職または就職しない形で生きていくかを模索している感じですかね。お金ないんであんまり悩めませんが焦らずやっていこうかと思っています。