読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RPGツクールMVで脱出ゲームを製作中

RPGツクールMV製作

f:id:abebetaro:20160823122123p:plain

こんにちは。いろいろなものに手を出して何もかも中途半端になっちゃうabebetaroです。今回は去年の12月にRPGツクールMVを買ったものの作品の一つも作ったことがないためコンプレックスを抱えていて今度こそ何か一つゲームを作りたいと考えてやってます。

 

上の絵はワンルームマンションの一つの部屋を作ったものです。主人公がここからスタートしてワンルームマンションからいつものように外へ出ようとするのですが、出られない!といったような感じで脱出を試みるゲームを考えています。

 

理由は簡単です。ワンルームマンションであればほぼ全部の部屋が同じつくりになっているので部屋を作るのもコピペで作って改変するだけで大量に部屋がつくれるというメリットがある。そういった意味でもワンルームマンションを舞台にしました。楽ができるからです。

 

どうやって脱出するかもそうですけど、なぜ閉じ込められたのかというストーリー的な背景も考えていかないと脱出したときのメリットがよくわからない。そりゃ脱出したら自由になれるわけだけど、それと同時に閉じ込められたなぞが解明されない限り面白い作品にはならない。

 


Cube (1/12) Movie CLIP - Slice and Dice (1997) HD

(気持ち悪いの注意です)

 

映画でもそうだけど、意味不明な展開に対して人は弱い。 映画のジャンルだとどういうジャンルになるかわからないけど、結構昔の映画でThe Cubeという映画があったんですが、謎の立方体の空間に閉じ込められた人たちが脱出を試みる話です。詳しい話は見たことがない人のために控えますが、一作品目では何故?の部分は結局解明されることなく謎に包まれたままでした。続編があって解明されるかも!?といったような意味を当時作っていた製作側の考えがあったのかもしれません。

 

続編はいくつあったか忘れましたが、最後の作品で解明に近づいていった印象がありますね。見終わってもまだもやもやしたままという感じがして気持ちはよくはないですが、大変興味深い映画シリーズでした。

 

他の映画で言えばSawシリーズもそうですね。誰かを監禁してその対象が脱出する様子がメインの映画です。最初のシリーズでは何故の部分がわかりません。いったい誰がという部分もわからないですが、徐々にシリーズが進むにしたがって大体わかるようになっていきますね。最終的にはあそことあそこが繋がっていたのか!といったような驚きの展開を見せるわけです。

 

ゲームにおいては謎を解明したいという欲求を用意してあげたほうが面白いと僕は思うわけです。謎に包まれたままだともやもやしたままという違和感を感じたままゲームを終えるわけですからどうもスッキリしないというままでゲームの評価はあまりよくないものになってしまうからです。スッキリしないけど、謎の一つは解決できた!ならまだよくて続編への期待を持たせたまま終えることができるでしょう。

 

僕個人としては最終的に解決できたらと思うのですが、世の中には本当に理不尽なことが多いということも含めて考えるとすべてすぐに解決できるとも限らないこともたくさん多い。そういうこともこのゲームの中では表現できたらと思うし、たとえ今作品内で解決できないことがあったとしても次の作品、あるいは3作目で解明できるような仕組みは必要ですね。

 

すぐに解決できるほど世の中は簡単じゃないですからそういう意味の体験もできるような脱出ゲームを作りたいです。

 

がんばります

 

追記

RPGツクールMVが本来は1万3000円近くしますが、3000円で2016年8月29日まで購入できるようです。是非興味のある方はストアで購入されてみてはいかがでしょうか

jpstore.dwango.jp

こちらにて8月29日まで3000円以内で購入できます。破格のセールですね!

 

tkool.jp