読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を小説化することってあるものなのだろうか

雑記 見た夢の記録

先ほど怖い夢を見ていたのですが、どうもその夢が以前も見たことがあるような話だったのですが、夢で見たのかそれとも映画で見たものなのかよくわからずという感じで小説化したら面白いのではないかと思いました。 

 

でも詳細には覚えていないものですし、また同じ夢を見たら書けるかも知れませんが、所謂小説家と呼ばれている人たちの中には実際に眠りについてそのときに見た夢の記憶を題材にして小説を書かれた方とかはいるのかな。

 

ネタというのはいつ降ってくるかわからない。転機を逃さないために小説家でも何でも表現する、創作する人にとっては何でもネタになりそうな感じがします。

 

見た夢というのは時間が経過すると同時にどんな内容だったか少しずつ忘れてしまいます。何しろ夢というのはあいまいな情景が映し出されている世界でその中での出来事を見ているので・・・。

 

やはり考えてみると覚えているうちにメモに書き出してそれをネタに小説を書いてみるというのは結構昔からやっている人はいるんじゃないかと思いますね。勝手な想像ではありますが・・・。

 

まあ、次に見る夢が面白くてもつまらなくても目覚めたときにすぐにメモできるようにしておこうかなと思って少し後悔しています。僕は普段あまり夢を見ないものなので、出来たら毎回寝るたびに夢を見ていたいと思うのですが、そんなことが可能になったらいいなあ・・・。