読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいことはすぐにでもやっておいたほうがいい

ずいぶん前からやりたいことがないっていう人がいるっていう話をよく聞いたり本で読んだりして知るんだけど、個人的にはよくわからない。その人の気持ちがまったくわからなくて理解することができない。人は何かしらやりたいことがあると僕は信じているからだ。

 

やりたいことがないっていう人は無意識ではあるけれど自分で物事を選択しているはずで食べたいものを選んで買ったり食べたいものを調理して食べたり、時間をつぶす方法だって無意識ではあるけど動画や漫画、ネットを見たいと思ってみているわけでしたいことがないなんていうのはたぶんないはずだと思う。

こういうことを書くとそんなこと言ったらやりたいことがないなんて人いなくなるに決まってるじゃん!って言われちゃうんだけど、でもたぶんそうだと思うしその気持ちは変わらない。

 

僕は今ある事情で外に出にくい悩みを抱えて生きているけど、僕にはやりたいことだらけなんだ。本当は外に行って神保町の町にある古本屋で戦時中に売られていたであろう絵本とか読んでみたい。実際に外に行けていたときは神保町の古本屋で売られていた戦時中の本を手にとって読んだりしていた。実際に購入したものは戦後のその当時の未来を予測していたような本。結構面白くてその当時の人はこんな想像していたのかーと勉強になる。

 

あるときはパソコンで音楽制作をやりたくなってDTMをはじめてそのために音楽制作ソフトであるFLStudioを買って曲作りに挑戦していた時期もあった。今は音楽制作には向いていないと自覚しているもののたまにいじったりしてPCでソフトウェア化されたシンセサイザーのつまみを弄ったりして適当に音作りをしてみたりして楽しむ程度。それでもやりたいときに遊べる道具はそろえておいてよかったし、挫折はしてるけどいつでも再び挑戦できるからそれはそれでいいやと思ってる。

 

二年ほど前に作った曲

soundcloud.com

 

www.image-line.com

 

あるときはゲームを作りたくてUnityやGamemakerでゲームを作ろうと挑戦したこともたった。でも二つとも挫折してしまって結果的にはRPGツクールでゲームを作れば僕でも最後まで作れるのでは?と思って挑戦してみたらとりあえずクソゲーは最後まで作り終えることができたのだ。しかもブラウザゲームとして公開して多くの人に遊んでいただけてよかった。ただ、クソゲーなのでコメントはキツいけど・・・。

 

abebetaro.hatenablog.jp

 

あるときはPC上でデジタルの粘土をこねることができるツールZbrushを使って3Dモデルを彫刻したこともあった。ある程度続けて彫刻しているとコツをつかんで何となく少しは上達するようにはなってやはり継続は力だなって実感したこともあった。けれどやらなくなってから再びやってみるとびっくりするほど下手になっていて唖然とした記憶がある。

 

Pixologic :: Pixologic :: ZBrush 4R7

 

abebetaro.hatenablog.jp

 

とりあえず、自分には何が合っているかわからないからいろいろ挑戦してみて続かないこともあるかもしれないけれど、続かなくてもあるときまたやりたくなったらはじめたらいいし、何もかもできない人間だって卑下する必要もないのかなって思う。いろいろやったおかげで視野が広くなったりする可能性もあるし、場合によってはできることも数が増えるかもしれない。

 

やりたいことが見つかったらとりあえずやろう。やらないで老後に後悔はしたくないし、生きている間何があるかわからないので日々後悔のない生活をしたいと思っている。

ごみ屋敷部屋から散らかった部屋に進化しました!お部屋(汚部屋)公開!

こんにちは。

すっかり暖かくなってきて外を歩くとジャンパーを着なくても良くなってきましたね。ちょうど二年前の今頃に一人暮らしをはじめたことを思い出しました。寒さ的にもこんな感じだった気がします。

今日は二年間お世話になった部屋を片付けていました。いったん実家に戻るためにこの部屋から出るのですが、一応この部屋は親の持ち物であるためいつでも戻れるようにとっておいてくれるみたいでありがたいです。。。

前にもブログで僕の部屋はすぐ散らかっちゃうって話を書いた気がするんですけど、そういうこともあってここ半年以上は掃除機もかけたこともなく、またベランダの窓のところがカビだらけになっていたりと酷いことになっていました。ごみ屋敷&酷い汚れで大変なことに!

僕はブログのネタにしようと写真を撮るという考えもないので残念ながらその汚れ具合を見せることはできません。時すでに遅しで汚れも片付けもある程度は終わってしまいました。

今はただ、普通の人の部屋の散らかり具合に進化したのでそれだけはお見せすることができそうです。

f:id:abebetaro:20170406034414j:plainf:id:abebetaro:20170406035216j:plain

どうですかね。

やっと普通の人の散らかってる部屋に進化したって感じです!片付ける前まではもっと酷かったのでここまで片付いてよかったです。

ちゃんと床の掃除機はかけられた!

廊下側はまだ片付けてないので本日2017年4月6日の昼間に廊下側と部屋を全体的にもう少し片付けられたらと思っています!

目標は入居時レベルの綺麗さです!

がんばります!

 

もう一つの放置ブログ割とアクセスされてました

お久しぶりです。

ずいぶん暖かくなってきてすごしやすくなってきましたね。僕の生活は相変わらず厳しくてキツい状態ですね。 そんな中、アドセンスから振込みできないんだけど?と連絡メールが来たのです。

どうやらアドセンスの最低振込み可能金額である一万円が残高でたまっていたようです。アクセス数は本当に少ないもうひとつの長年やっているブログなんですが、雀の涙ほどのお金がコツコツと溜まっていって一万円に到達できたようです。はてなブログと違って有料アカウントじゃなくても無料でアドセンスの広告が自由に貼れるというのが特徴の一つとなっています。

もう一つのブログはある特定の分野に特化しているわけではないですが、僕と同じ悩みを持つ人が結構訪れていただけるということが一つの理由になっているのかなと感じていたり、アクセスされる記事は結構バラバラ。

本当はちゃんと解析すれば需要がわかるのかもしれないし、実際に見てみるとなんとなく需要がありそうな記事が見えてきたので試しに書いてみるのもありかなって思ったりしました。

個人的にははてなブログは検索に強いのか強くないのかは僕は頭が悪いのでわかりませんけど、読者の方に読んでもらって成立するような感じのブログサービスだと思っていて検索は微妙?って思っています。やり方しだいで変わるんでしょうけど、雑記ブログでは難しいのかも?

いずれにしても割と放置していてもブログのアクセスがあるのでもう一つのブログにも力を入れていこうかなと思っています。

実家に戻ります

ちょうど二年ほど前に今住んでいるマンションのある一室に住んでいる人が部屋を出るということで両親と一緒に見学に行きました。もともとその部屋の持ち主は親だったので親の持ち物ということで家賃免除ということで一人暮らししないかという提案を受け入れて二年間ほど一人暮らししてきました。

二年間一人暮らしをしてきて思ったのは家賃を払うほどの収入もなく一人暮らしをするのは本当に大変でギリギリ。せめて月収20万円はないと厳しいという現実を突きつけられました。

 

一人暮らしをしてきてよかったのはなんでも自分でやらなくてはならないこと。それを実感しています。

 

今月収で3万円か4万円しかないのでとても一人暮らしではやっていけないということもあり、実家に戻る決断をしました。両親もそれを受け入れていただけました。本当は一人暮らしのほうがいいに決まっているし、迷惑をかけるので好ましくはなかったのですが、このような結果となりました。

 

とりあえず、仕事を探して生活を安定することから始めることにします。そうしないといけない。

 

ブログも毎日に近いぐらい更新したい。ブログでの収入も得られたらいいなという正直な気持ち!ブログで広告貼らない宣言は逆にしません!貼っていきますけど、どれくらいPVが伸びたっていう具体的な数字や収益については報告しないと思います。

 

あくまでも書きたいことを書いていくブログを目指しています。

 

実家にもどって再始動です!

人の人生は面白いなと思った

はじめに

こんにちは。

僕は今まで人の人生や生活にほとんど興味や関心がなくてとくにある一人の人間に対してもっとこの人のことを知りたいと思ったことがほぼありません。

数年前、介護の学校に通っていたときのこと。学校の座学以外にも実習で課題が出され、実際の介護現場に行って介護の業務に携わり、簡単にいうと一人の利用者様に対して情報を調べて今現状の課題に対してどのようにより良い生活を実現していくかを関わりあいながらご利用者様と一緒に決めていく。

決めたことを実際に実施、評価するといったことをするのですが、そのご利用者様の望まれることを知るために様々なアプローチでコミュニケーションを取っていきます。

利用者様の望まれる生活とは何だろうと考え可能な範囲内で出来ることを実施して施設内でより良い生活が出来るように支援していくといったことを実習で学びました。

その過程でもっと利用者様のことが知りたいとそのときは思うようになっていました。

そのときが初めて人に対して関心を持った瞬間でした。

 

同じような立場の人たち

僕は今31歳になりました。この前もブログに書いて紹介したと思いますが、無職のうさぎたんさんのブログでは延滞して高い住民税が払えないし、そんな30代無職を国は苦しめているという悲痛な叫びを書いておられました。

僕も同じような立場であったしそんな状態でもなんとか生きようとしているところに共感したのと同時にどのように今後生きていくのか気になる方になりました。

 

もう一人の方は最近ブログに広告を貼らない宣言をされていた方でほかの記事を読んでみると波乱万丈な人生を歩まれている方で今現在の生活の厳しい状況が僕と似ているなと感じました。少なくとも僕は人気者でも何でもないのでその部分は似てないかな笑

 

お二人とも生活難しい状況で僕なんかは絶望してしまっていました。

お二人の様子を見ていると希望を捨てずに前向きに頑張っている様子を見て気持ちが前向きになれたのでそういった意味で過去のこととか考え方とかを知りたいなと思うようになりました。

今後も似たような人が出て来てより良い人生になったら僕ももっと希望を失わずに生きられると思います。

 

人の人生を知ることは人生を豊かにしてくれる

今回、似たような状況の方々の事例をブログを通して知ることが出来て本当に良かったと思っています。ほかにも似たような境遇の方もたくさんいるし、僕も含めてその人たちにとって彼ら(ブロガーの二人)はこれから生きていく上での生き方の参考になると思います。

 

成功者の方の人生を良く本などで目にすることはいままで多かったけれど、僕にはその人が遠いはるか遠くにいる届かないような存在に感じてしまってあまり共感をしなかったり参考にはならなかったりしました。

 

出来るだけ僕にも届きそうかも?といった近い方のことはこれからももっと事例として参考にさせて頂きたいなと思っています。

 

そしていつか僕も今後同じような経験をした方にとって希望に感じられるような人生にこれからしたい。

次のゲーム制作のテーマが決まりました!

こんにちは。

3月頭にRPGツクールでゲームを初めて完成させたという話を書きました。見事にクソゲーで次回はこの話の続きを作ろうと思っていました。

abebetaro.hatenablog.jp

 

本日、前回記事を書いていてまた新たなネタができたと思ってしまいました。

abebetaro.hatenablog.jp

それは31歳ほぼ無職からの脱出というタイトルのゲームを作ったら面白そうじゃないかな?と思ったからです。

日本社会において30歳を超えてからの就職はちょっと厳しくなるため、なかなか雇ってもらえない。なんとか抜け出したいという僕の思いをゲームにしたくなりました。

 

主人公は僕と同じような境遇の人にしようと思っていて人と関わるのが難しく人のいるところが苦手な人で極度の緊張症。そんなタイプの人間がどうやってこの先やっていくのかをSFちっくな感じで無理やり乗り切る話。

 

最終的には就職してちゃんと働いているか、何かしらでお金をもらって生活していると思っていて、今回はいろんなエンディングを用意したいと思っています。もちろんBADエンドみたいなのも作りたい。

 

ちゃんとシナリオ考えてから作り始めたいですね。結構解決方法皆無に近いので難しいですけど・・・とりあえず、考えてみます。

頓挫しなければいいのだけど・・・

31歳ほぼ無職からの脱出

はじめに

こんにちは、31歳ほぼ無職のabebetaroです。

先月ぐらいに一人暮らしが厳しくなってきたという記事を書きました。

abebetaro.hatenablog.jp

就活について

まだ状況は変わってなくて就活のために面接を受けたり履歴書の写真を作ったりはしました。まだ思うように結果には至っていないです。正直30超えてから面接してくれる方の目が厳しくなったような気がします・・・。

 

一応介護の仕事も探していて良さそうなところはチェックはしています。仕事は探そうと思えばまだ見つかるのですが、僕のように遠くまで電車に乗って出かけられないとなると応募できる求人も限られてきます。一番最初に受けたバイトの面接は結構がんばってバスに乗ったりもしました。

 

面接を受けたところの一つに面接官の方が僕よりも3つ歳が下でしっかりしていて安定感のあるような人だったのでとてもショックを受けました。何がショックだったかというと僕よりも3つ下の人はちゃんと仕事していてしかも年下の僕から見てもお兄さんのような感じに見えたからなのです。自分は年上なのにおどおどしていて緊張してしまってどうしようもない感じだったのでさらにショックでした。

 

今月中になんとか仕事を見つけたいのですが、おそらくそれは厳しいだろうと予想されます。もうほぼ今月も半分終わってますし、それができるとは思えません。ただ希望を捨てずに挑戦はし続けたいと思っています。

 

実家に帰る?

生活費、本当にしんどいことになっています。もう月に3万円か4万円くらいしか収入がないのでやっていくのがたぶん難しいです。なのでおそらく今月中には実家にもどってしばらく就活を続けることになりそうだと思います。 実家にいるときは食べるものは親に作ってもらったりしていましたが、だいぶ料理もできるようになったので自分でやりたいなと思っています。

仕事が見つかるまでの間だけという理由でちょっと頑張ってみます!もう後がない感じです。正直!

 

この状況を何とかしたい!

別のことも考えていて、今回この記事を書くことになった理由の一つに影響を受けたブログがあって、30歳の無職のうさぎたんさんが書いているブログ『30歳からの敗者復活戦』というタイトルのブログです。

blog.gyakushu.net

 

住民税が払えないという切実な状況が書かれており、かといって実家に帰るわけにもいかないという悲惨な状況が書かれていました。とても30歳無職が一人で生活していくには難しいと感じさせられました。そのこともあってたくさんのブックマークやコメントが書かれています。

ブックマークコメントを見ると結構厳しい意見が書かれていたりします。他人のせいばっかりにしているとか努力を怠ったからだとか、そういった類の意見を目にします。自己責任という言葉は本当に便利でどうやっても自己責任になるので僕は好きではありません。

blog.gyakushu.net

 

状況は違えど割と境遇は似ているので共感する部分が数多くありました。若者、30代だけに着目している時点で視野が狭いというコメントもありましたが、切実な状況下では自分の年齢に近い立場でしか考えられないような気がします。たしかに高齢者の貧困の問題も下流老人という言葉が流行って知られるようになったのでそのことはわかってはいるつもりではいるのですが・・・。

 

とはいっても人生あと40年近くあるかもしれないわけでその間生活していかなくてはなりません。僕も同じような境遇であって僕も無職のうさぎたんさんのように何とか奮闘してがんばっていきたいと思いました。

 

これからどうするか

一つの選択肢としてはこれからも就活を頑張ってアルバイトや正社員の仕事を探すこと。そうしないと当面は生活できないなと思います。なので就活はちゃんとやっていきたい。

 

もう一つの選択肢としては先ほど取り上げた無職のうさぎたんさんのようにブログを書いてその収入で暮らしていきたいということです。一度はてなブログProにして広告を貼っていたときもありましたが、お金に余裕がなくなってやめていました。しばらくは無料のままで続けてもっと読まれるような記事を書いていきたい。

またブログだけでなく他の収益になるようなこともやっていきたい。本音を言うとゲームを作ってそれをお金にできたらいいなと思っています。当分は無料で作ってスキルを上げていきたいと思っていますが・・・。

 

正直言ってこれから先の未来が不安です。15年前、10年前はこんな悲惨な未来は想像できませんでした。さらに10年先はもっと悲惨かもしれません。もっと今よりマシだといいのですが、そうはとても思えないから恐ろしいものです・・・。